日本語教師求人マッチング【※転職情報が満載】

日本語教師になるためには

日本国内で日本語教師になる場合、国家資格は存在しません。そして、必ずしも大学で日本語教育を専攻しておくことが必須ということでもありません。語学の知識だけでなく、社会経験や一般常識などの社会人としての経験も重要視される傾向にあります。

日本語教師への転職を考えた場合、リクルートエージェントのような転職サイトのサポートがあった方が便利です。未経験でありならなおさら、業界の動向や必要な資格などのアドバイスが役に立つでしょう。

日本語教師の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国
【当サイトがお勧めするポイント】
日本語教師への転職情報の豊富さでは、リクルートエージェントは抜群の実績を持っています。リクルートグループというブランドを最大限に活用し、日本各地の企業へのネットワークを構築していますので、非公開の求人情報がたいへん豊富です。これまでに転職サポートを行ってきた実績も多数あり、さまざまなバックグラウンドから日本語教師への転職を希望する一人ひとりに対して、そのひとに見合った親身なサポートを提供しています。


マイナビエージェント 無料 全国
【当サイトがお勧めするポイント】
転職活動の際には、どうしても面接を通過しなければなりません。マイナビエージェントは、転職活動における面接について、実践的なアドバイスを提供することで評価の高い転職エージェントです。日本語教師の転職対策についても、転職先の特徴に応じて丁寧に行ってくれます。転職活動は短期決戦と言われることもありますが、現職がありながらの活動ではどうしても時間がかかってしまいます。マイナビエージェントは転職支援の期間を設定していないので、自分のペースで行えます。


ビズリーチ 無料 全国
【当サイトがお勧めするポイント】
日本語教師で、かつ高額給与を実現するのであれば、ビズリーチがおすすめです。登録されている求人情報は年収モデルで750万円以上のもので、ハイエンド層の転職求人サイトとして知名度をあげています。転職先の求める条件には当然高いものがあり、誰でも転職活動を成功させることができるというわけではありませんが、これまでの日本語教師としての経験や実績に自信があるひと、ポテンシャルに注目してもらいたいというひとでしたら、ぜひ利用してみてください。


日本語教師が転職先を探すには

これまで日本語教師として活躍をしてきたひとが転職をしようと考えた場合、どういった可能性があるでしょうか。

一番考えられるのが、日本語教師という役目ではなく、事務や広報・PR、人事など、大手の日本語学校での仕事を探すこと。日本語教育業界のあらゆることを身をもって経験しているのでスムーズに仕事をスタートすることができますし、すでに常勤教師として働いていたのであれば、事務仕事についての経験もあるでしょう。採用する側としても安心して仕事を任せることができますので、教師から事務スタッフとして転職するというのも現実的な選択になります。

ほかにも、外国人とのコミュニケーション・スキルに長けているというメリットを活用し、人材紹介会社への転職もおすすめです。最近では日本で働く外国人を紹介する専門の人材紹介会社が増えており、日本企業だけでなく海外の企業も積極的に進出してきています。日本語教師としてのキャリアやスキルを活用できる職場と言えるでしょう。

いずれにしても、日本語教師としての経験の特徴は、国際感覚を身に付けているということです。海外と積極的に仕事を行っている会社であれば、そういったオープンマインドな人材を高く評価していますので、転職の際にキャリアが有利に働くことになります。

一方、日本語教師として転職したいと考えているひとについてはどうでしょうか。日本語教師に転職するためには、クリアしておきたい条件がいくつかありますが、なかには熱意の大きさやポテンシャルを評価して人材採用を行っている日本語学校もあります。もちろん数は少ないですが、すぐにでも日本語教師として転職したいというひとは、そういった人材募集が行われていないか探してみるといいでしょう。

日本語教師に向いた職業は特にありません。ただし、日本語教師には日本語を使って授業をする直説教授法と、英語などの外国語を使って授業を行う間接教授法の2種類があります。間接教授法の場合は当然外国語で授業を行いますので、外資系企業で仕事をしているなど、業務で外国語を使い慣れているひとの方が有利です。そのほか、特定の業態での採用率の違いはあまりありません。

意外に思われるかもしれませんが、日本語学校としてはすでに社会人としての経験のあるひとで日本語教師の条件をクリアしていれば、積極的な採用を行っています。というのも、日本語を勉強するひとは実際に日本で働きたいと思っているひとが多いため、日本で社会人として働いた経験があることは大きなメリットになると考えられているからです。


Copyright (C) 2015-2017 日本語教師求人マッチング【※転職情報が満載】 All Rights Reserved.