北海道・東北の日本語教師の求人

日本語教師の転職TOP >> エリア別の日本語教師の求人 >> 北海道・東北

北海道・東北の日本語教師の求人

現在は少子高齢化の影響から、各地方でも労働人口の減少が見られます。それに対し、行政からのサポートを受けて各産業で外国人労働者を受け入れる傾向が強まっています。基本は従来の外国人研修生の形です。そこで日本語能力の低い研修生を受け入れるにあたって、いわゆる日本語学校が増加しています。それは北海道・東北地方でも同様で、特に1次・2次産業での研修生受け入れが活性化しているのに比例して日本語学校が新設されたり、規模拡大の兆しが見られます。

そこで北海道・東北地方の日本語教師の求人をチェックしてみますと、決して多くはありませんが見つける事が出来ます。北海道では主に札幌市で開講している日本語学校での求人が狙い目でしょう。札幌には札幌国際日本語学院や札幌IAY日本語学校、吉田学園公務員専門学校・日本語学科などがあり、求人が発生する確率は決して低くありません。ですが、それ以外の北海道の日本語学校では今のところ求人の発生頻度が低いために、どうしてもそちらの方で探したいという方は、あらかじめ地域の求人情報にネットワークを張っておき、発生した時点で速やかに対応する必要があるでしょう。

また東北地方の日本語教師のニーズですが、仙台には大手の日本語教師養成学校があるぐらいに、外国人への日本語授業が活発な地域です。また東北の日本海側は未だに津波のための復興事業が行われていますから、外国人労働者のニーズが高いという特徴もあって、日本語教師の働く場所には恵まれているのが現状でしょう。宮城県には環球日本語学習院や仙台国際日本語学校、仙台ランゲージスクール・日本語科など複数の日本語学校があって、随時日本語教師の募集が見られます。もちろん他県でも同様な傾向に在りますので、東北で日本語を教えたいと望む方は、しっかりとアンテナを張っておく様におすすめします。

日本国内で日本語講師をする場合は、いわゆる国家資格がありませんので、実力さえ認めてもらえれば誰でも日本語教師になれる可能性があります。とは言え、現状では法務省告示校で常勤3年勤務の方とか、日本語教師養成講座で420時間を修了した者、あるいは大学機関で主専攻・副専攻大学卒業以上といった条件を設けている場合が殆どです。北海道や東北での求人にも、これらの申し込み資格がセットになっていますので、日本語教師の職を求める方は日本語教師養成講座を受講するなど、資格キープをしておく方が良いでしょう。また、これらの地域の初任給の相場は20~25万円となっています。もちろん残業を含んだ設定ですので、待遇面での実情も押さえてきましょう。

日本語教師の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2015-2017 日本語教師求人マッチング【※転職情報が満載】 All Rights Reserved.