神奈川の日本語教師の求人

日本語教師の転職TOP >> エリア別の日本語教師の求人 >> 神奈川

神奈川の日本語教師の求人

2020年度のオリンピック景気の恩恵をダイレクトに受けている神奈川県では、外国人留学生や労働力としての外国人研修生がたくさん滞在しています。それは神奈川県が首都・東京のベットタウンであるからです。ここ数年間はオリンピック設備のための建設工事やサービス業のサポーターとして、海外の研修生や就労者が多数居住しているので、彼等の日本語能力を向上させるための日本語学校・日本語教室がとてもたくさん存在しています。昔から横浜は外国人との交流が盛んな港であったために、中国人を始めとした外国人居留者の非常に多い土地柄になっています。また川崎も戦後より朝鮮の方々の居留人口が高く、日本語教師のニーズの高い地域だと言えます。ですから神奈川県内に配信されている求人の中には、日本語教師の募集がよく見られるのです。

神奈川県で日本語教師の職場を見つける場合に、大きく3つの職場が考えられます。一つは外語学校やインターナショナルスクールなどの日本語教師の職場です。こちらは教員資格を持っている方の職場ですから一般的ではないかもしれません。そして二つ目が外国人留学生や就労目的の研修生への日本語レッスンがあります。いわゆる日本語学校での専属教師がこれにあたります。こちらは教員免許の有無は問われませんが、基本的には日本語教師育成学校等で420時間のレッスンを受け、かつ民間の行っている日本語教育能力試験で合格した方を資格者に指定しているケースが多いです。本来日本語教師には国家資格がありませんので、無資格者でも実力を認められれば職に就く事が可能ですが、現状は民間レベルの資格者が選ばれていますから、これから日本語教師を目指す方は養成学校等でレッスンを受ける様におすすめします。

それから3つ目ですが、神奈川県には学習塾のコースとして日本語レッスンを開いているケースが非常に多く見られます。こちらでは外国人に対してビザを出す認可が無いために、あくまでも日本在留の外国人をターゲットにしたレッスンになります。ただし最近は就労目的の研修生に日本語を教える教室も増えていますから、こちらのニーズも増えていると言えるでしょう。スカイプ等で個人レベルで日本語を教えるシステムもあります。この様に神奈川県下では日本語教師の職場が多数存在していて、個人の条件に適った求人を探す事は決して難しくありません。ただし給与面では大きな期待が出来ない事は理解しておきましょう。事前に相場をチェックしておくと、納得して就職する事が出来ます。

日本語教師の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2015-2017 日本語教師求人マッチング【※転職情報が満載】 All Rights Reserved.