日本語教師の求人倍率

日本語教師の転職TOP >> 日本語教師の転職の基礎 >> 日本語教師の求人倍率

日本語教師の求人倍率

日本語教師の求人状況はどうですか?との答えを簡潔に述べるならば、日本語教師の求人は地域ごとにまんべんなく出されている事から、内容を問わなければ決して求人倍率が高いという事にはならないでしょう。一般的に常勤教師の月収が20万円前後といわれています。非常勤の場合は1コマあたり1800円〜2000円で、1コマ1時間強で週に2〜3回の出勤です。つまり時給換算で1500円の給与ベースで、年収150万〜300万円くらいが多いとのデータが出ています。これは平均年収に届かない職種であると言わなければなりません。しかしフルタイムの仕事ではなくて、短時間でしっかりと稼ぎたい方には適した条件になっています。その点を踏まえた求人状況を考えれば、パート・アルバイトといったレベルの求人はむしろ多いのです。しかし転職を考えている方にとって、年収300万円以上の求人を探すとなれば、これは倍率が高くなるのは仕方がない事でしょう。

日本語教師の場合は学歴や実績・キャリアによって給与ベースが大きく変わる職場ではありません。ある程度のスキルを持っていれば誰でも就業できるスタンスの職業ですので、それに応じた収入に厚みがないのは大きな特徴です。もちろんノルマ的なプレッシャーもなく、集まった生徒に丁寧に日本語を教える事が望まれますから、働く側としてもマイペースで仕事がしやすい環境と言えます。これは地方の日本語学校で顕著にみられる傾向で、レッスンの質の良さがそのまま生徒収集力に直結していない事が原因としてあるからです。営業職や製造業の様に数字で成果を評価できない業種にはありがちなパターンだと言えるでしょう。

ここで職場環境について考えてみましょう。国内の日本が学校には大きく分けて、フルタイムで授業をおこなっている学校と夜間など短い時間帯で会話教室的にレッスンを開いている学校があります。絶対数は1日に2〜3クラスを有する小規模の教室が多く、そのため求人ではパート・アルバイトの形が多くなります。担当するコマ数も限られてきますし、月ベースの収入が高くならないといったデメリットは否めません。

つまり全日制学校の求人を捉えない限りは、生活に十分な収入を得る事が難しいのです。そこで求人情報を有効に捉えるためには、まずご自分の希望する雇用条件を絞り込んで考える必要があります。高収入を望む方は狭き門をくぐり抜ける実力があるかどうかを見極めるべきですし、収入よりもライフスタイルや働きやすさ・やりがいを重視するのであれば、自分に合った学校選びを丁寧に行うべきでしょう。

日本語教師の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2015-2017 日本語教師求人マッチング【※転職情報が満載】 All Rights Reserved.