日本語教師の適性(向き・不向き)

日本語教師の転職TOP >> 日本語教師の転職の基礎 >> 日本語教師の適性(向き・不向き)

日本語教師の適性(向き・不向き)

今後ますますニーズが高まっていくと考えられている日本語教師。転職して日本語教師になりたいと考えているひとは少なくありませんが、意外と忍耐が必要だったり、地味な雑務をこなさなければならなかったりと、誰にでも続けられる仕事ではありません。

日本語教師に向いているかどうか、適性を判断するためのポイントはいくつかあります。まず、ホスピタリティーのあるひと、おもてなしの心を持っているひとです。日本語を勉強するひとは、日本語とはまったく異なる外国語を話し、文化や生活習慣、ものの考え方も異なるひとばかりです。そういったさまざまなバックグラウンドを持った人々と向かい合い、日本語の美しさやすばらしさ、日本の文化の良さなどを総合的に伝える気持ちが大切です。日本に来て良かったと思ってもらえるような心がけをもった、ホスピタリティー溢れるひとが日本語教師に向いています。

続いて、コミュニケーションスキルに長けているひとも日本語教師の適性があります。これは言うまでもありませんが、日本語教師は自分とはまったく異なる言葉を本来話している人々とコミュニケーションを行いながら、日本語という言語システムについて教えていかなければなりません。日本語での簡単な日常会話もなかなか難しい段階から意思疎通を行っていく必要がありますので、身振り手振りを含めたさまざまなバリエーションのコミュニケーションスキルを備えていると有利です。

また、どんなことでも苦にならず、楽しいと感じられることも、日本語教師として望ましい適性です。もともと違う言葉を話している人々に日本語を教えるとなると、一進一退を繰り返すような、もどかしい気持ちに襲われることも少なくありません。時には大きなストレスを感じることもあるでしょう。しかしそういったことがあっても、その壁をクリアできた時の喜びを想定してめげない気持ちを持てること、一緒に一歩ずつ生徒と歩んでいこうと思える気持ちを持っていると、優れた日本語教師になるポテンシャルを持っていると言えるでしょう。

そして最後に、当たり前と思われるかもしれませんが、言葉に興味を持っていたり、なにかを表現することが好きなひとも日本語教師に向いています。言葉を扱う仕事である以上、言葉に対して心理的な抵抗を持っていると長続きしません。また、生徒一人ひとりに合わせた教授法を行うためには、ひとつのことをさまざまな角度で表現できるスキルがあると有利です。

日本語教師の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2015-2017 日本語教師求人マッチング【※転職情報が満載】 All Rights Reserved.