日本語教師の転職と学歴

日本語教師の転職TOP >> 日本語教師の転職の基礎 >> 日本語教師の転職と学歴

日本語教師の転職と学歴

基本的に日本語教師の職は学歴不問の就職先とも言われています。この事は求人の募集要項をチェックすると良く分かるでしょう。大学卒業以上を応募条件に明示しているものもありますが、ほとんどの日本語学校では有資格者であれば応募可能になっています。つまり国内の日本語学校では、資格さえ取得すれば誰でも教師として教える事ができるという事です。ここで国内と限定したのは、海外ではその資格すら必要としなケースが多くあるからです。もちろん海外での就職は現地の学校からビザ発給手続きをしてもらう必要がありますが、日本人の少ない環境ですので先方は喜んで手続きを引き受けてくれるものです。話を元に戻しますが、日本語教師の資格取得には学歴の制限がありませんし、資格テストはそれ程難しいものでもありません。転職市場の傾向では、学歴よりも日本語教師の実績を重視します。つまり実践しだいで給与も変わってくる実力社会だと言うことです。

つまり、例え高卒でも教師としてのノウハウが優れていれば高収入が期待できるのです。確かに未経験者の場合は、日本語学科の習得がアピールポイントになりますが、それよりも面接や模擬授業の評価を重視する傾向が強いです。これは大手の語学学校でも言える事です。この事は即戦力になる資質の方が契約後の給与アップも早くなり、重要なポジションを宛がわれている点からも理解ができるでしょう。

ただし国際交流機関で働く場合はちょっと例外になります。国の専門機関で職場を得る場合は、大学卒業以上の資格が必要になります。その際に修学した専攻までは問われませんが、学歴は高い程有利になっています。ですが、これは日本語教師としての資質を見るのではなく、国際交流機関の採用基準がそれを要求しているからにすぎません。また大学での就職では大学院卒業以上で、日本語教育関連の学位を取得していることが条件になってきますので、この職場を希望する方は知っておくと良いでしょう。

この様に一般の日本語教師の求人では、学歴を限定して応募条件が絞られている事が少ないと分かるでしょう。それよりも日本語教師のキャリアを求める声が大きいとも言えますし、学校によっては未経験でも応募可能になっているところも良く見かけます。ノウハウを現場で指導を受けながら育てていく職場もありますので、ご自分の条件に合わせて選ぶ様にしてください。結論を言いますと、外国人向けの日本語学校教師になるには、学歴や資格以上に難しいコミュニケ―ション状況下でも、人間味のある親身なレッスンが行える人間性が大事だと言えるでしょう。

日本語教師の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2015-2017 日本語教師求人マッチング【※転職情報が満載】 All Rights Reserved.