日本語教師の転職と資格

日本語教師の転職TOP >> 日本語教師の転職の基礎 >> 日本語教師の転職と資格

日本語教師の転職と資格

転職して日本語教師になりたいと考えている人のなかには、日本語教師になるためには特定の資格を取得しなければならないと思っている方がいるかもしれません。ですが法的には、日本語教師になるため必要な特定の資格はありません。極端な話をすれば、日本語教師になりたいと思っているひとは誰でもなることができます。

しかし、実際には誰でも日本語教師になれるわけではありません。日本語教師資格というものは存在しませんが、採用側の提示する応募条件として日本語教育を行える力を有している証明が付いてまわるからです。つまり、特定の資格は必要とされませんが、提示された条件を満たすことで日本語教師の仕事に応募できるようになります。

日本語教師に転職するために取得しておくべき条件は3種類があります。まず1つ目に、日本語教育能力検定試験に合格していること。これは毎年1回開催されている試験で、日本語を教えることのできる知識やスキルを持っていることを証明してくれる試験です。

2つ目は、日本語教師養成講座の420時間コースを修了していること。これは文化庁の定めている日本語教師を養成するために学んでおくべき内容の規定に従ったコースで、日本語教師養成機関それぞれに内容は異なりますが、コースを設定しています。このコースを修了するためには1年以上通学する必要はありますが、さまざまな知識、スキルを身に付けることができます。

3つ目は、大学の日本語教育課程を修了していることです。特に大学院のコースを修了していると、大学などの教育機関で日本語教師として働くことができるようになります。これら3つの条件のうち1つでもクリアしていれば、日本語教師として転職活動を行うことができるようになります。

もちろん、先に述べたように、これらの条件をクリアしていなくても、例えば年齢が若かったり、外国語が話せるなどコミュニケーション能力が高かったり、ひとにものを教えるスキルに長けていると評価されたりすることで、熱意があれば日本語教師の見習いとして採用してもらえる可能性もあります。

また、外資系の企業で多くの外国人と仕事をしているなど、国際的な環境で仕事を行っていたなどの環境的なメリットがあれば、優先的に転職活動を行うことができる場合があります。このように、ある特定の資格に限定して転職活動を制限するといったことがありませんので、さまざまなバックグラウンドをもったひとが日本語教師として活躍できる可能性を与えられているのです。

日本語教師の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2015-2017 日本語教師求人マッチング【※転職情報が満載】 All Rights Reserved.