日本語教師を辞めたい時

日本語教師の転職TOP >> 日本語教師の転職の基礎 >> 日本語教師を辞めたい時

日本語教師を辞めたい時

日本国内で働いている日本語教師には、人間関係のトラブルがちょっと特殊な形で起こり得ます。基本的に生徒は日本語をほとんど理解していない外国人のケースが多いために、予想もしていない食い違いや誤解が起こります。そしてコミュニケーションが十分に取れないので相手に傷つけられたり、反対に傷つけたりと心の痛手を負うケースが多いのです。一般的に日本人は和解を重視するばかりに、物事をはっきり言わない傾向があって、その点も外国人には理解し難いのでしょう。余計に反発し合う原因にもなっています。ですから、レッスンが良くないとか面白くない時はストレートに苦情が噴き出して、日本語教師のモチベーションを下げてしまう事になる様です。

そういった苦労がもとで、いっそ日本語教師を辞めてしまおうと悩んでいる方もいらっしゃる事でしょう。他の職業に転職を考えているかもしれません。ですが教師職の中で、日本語教師は恵まれた環境であると確認する事ができます。例えば中学・高校の教師を見ますと、授業に関心が無い生徒が多い中、時には反抗的な妨害を受けながら、ストレスをためている先生がたくさんいます。その点、日本語学校の生徒は高いレッスン料を払って、時間を取り分け、日本語を覚えて生活の役に立たせるべく集まっています。良いレッスンであれば感謝さえしてくれる環境です。つまり有益なレッスンをする事で高い評価が得られる世界である事を知っておくと良いのです。

生徒にとっては1回1回のレッスンは貴重です。早く日本語を上達させて、より良い生活環境を手に入れようと真剣に通ってくるわけですから、それに見合うレッスン内容を工夫してみましょう。つまらないレッスンの多くが、テキストばかりに頼った板書型の授業です。そんな授業では先生ばかりがクドクドと話し続けている事でしょう。あなたのレッスンはどうですか?生徒全員が先生と同じボリュウムで日本語を口にしていますか?あるいは自分の言いたい事を質問してきますか?そういったフレンドリーでフランクな雰囲気を心がけてカリキュラムを組むならば、きっと生徒全体の満足度がアップするはずです。難しい文法を教えるのが日本語授業などではありません。あなたが使っている言語を生徒と一緒に練習するだけで十分なのです。

もしこの仕事にやりがいが見えない時は、思い切って海外で日本語教師をしてみる様におすすめします。アジア圏であれば、ほとんどの都市で日本語教室があり、ネイティブスピーカーを熱烈歓迎してくれるでしょう。そうでなくても、自分のやる気が発揮できる職場を自分で探す様にしてみると状況は変わってくるかもしれません。

日本語教師の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2015-2017 日本語教師求人マッチング【※転職情報が満載】 All Rights Reserved.