日本語教師の募集時期

日本語教師の転職TOP >> 日本語教師の転職の基礎 >> 日本語教師の募集時期

日本語教師の募集時期

日本語教師の求人が多い時期を絞り込む事は難しいでしょう。求人市場を見る限りでは、ここという時期を特定できないのが現状です。それは日本語教師は欠員補充・中途採用市場が基本で、業者一斉に人員確保をする傾向が見られない職場でもあり、これといって何月に決まって求人数が多くなる要素を見極めずらい理由があるのです。もちろん全日制の留学生向け日本語学校法人であれば、春の入学シーズンい合わせて新人教師を採用する場面がありますが、それ以外はフリー募集のスタイルを取っているのが一般的でしょう。つまり中途退職者で欠員が発生するれば、即時補充を掛けるという事です。ですから、日本語学校で教師をしたい方は幅広く地域別の求人をリサーチするべきです。地方ごとにチェックを掛けるのは大事なポイントで、規模の小さな学校や会話教室では全国版で求人広告を出す事が少ないのです。地方を絞って、小さく求人を掛けてもらう学校が多いのでご注意ください。

そこでちょっと見方を変えて、求人が起こり易い時期を絞って見ましょう。先にも挙げた留学生対象の日本語学校では、4・10月といった具合に年2回〜3回に分けて新規留学生を募集しています。もし留学生の数が多ければクラスを増やしますので、この時期に増員を掛ける可能性があります。ですから春先と秋の始まり頃は求人広告を丁寧にチェックすると有効かもしれません。またご自分が狙っている勤務希望先がある方は、その学校の過去の求人情報をチェックする事ができます。それで発生しやすい時期を絞っておくなら、次回の求人に応募しやすいでしょう。

また、外国で日本語教師の職を捉えようと考えている方はちょっと事情が違ってきます。例えば欧米圏など9月に新年度が始まる国では、新年度はじまる9月までは長期ホリデーになり、その間に次年度の準備をする学校が多くなります。当然日本語教師の補充や入れ替えは、この時期を狙ってなされる傾向が強まります。大体の流れは以下の様になります。まず4月〜6月あたりに求人を出します。そして応募者との面接を7・8月に行って、9月1日から着任してもらうというパターンを採るでしょう。この求人に関しては、日本国内で見つける事がなかなかできません。専門の求人ブローカーを通して、大手のリクルートサイトなどで扱っている事もありますが、それでも限られた国・地域の範囲内でしょう。もし行動力がある方ならば、希望する国へ出向いて、自分の脚で求人を探すと確実性が高まるでしょう。

日本語教師の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2015-2017 日本語教師求人マッチング【※転職情報が満載】 All Rights Reserved.