日本語教師のスキルアップ

日本語教師の転職TOP >> 日本語教師の転職の基礎 >> 日本語教師のスキルアップ

日本語教師のスキルアップ

国内・海外どこでも日本語教師のニーズはあります。諸外国の方々からすると日本は憧れの地ですらあるのです。そんな方々にとって関心のベーシックな能力として日本語修得があります。費用を掛けてでも日本語をマスターして、日本と関係のある職に就きたいと望んでいるバックボーンがあるという事です。そこでもし日本語教師として仕事を始め様と考えている方、あるいは既に日本語教師として活動をしているが、更にスキルアップを望むなら、スキルアップのためのノウハウについて知りたいと思っている事でしょう。

そこで考えるべきポイントは、どのようなスタイルで日本語を教えるかによって、身に着けるべきスキルが違うという事です。例えば研修生制度などを利用して、仕事目的で日本へ行こうとしている生徒が対象の場合は、職場や日常生活で必要な語彙と会話方法を中心に教える事になります。また留学など文化交流を中心とした目的の生徒には、会話力と同時に文法や日本文化を踏まえた日本語力を身に着けるためのレッスンが必要でしょう。また生徒のナショナリティによっては、英語以外にも他の言語知識が必要になります。

そこで初めにチェックすることがあります。日本語を教える以上は現在使われている共通語を理解しておく必要があります。文法ベースで大きな変化はありませんが、単語の意味の変化、あるいは既に死語になっている単語を整理しておくのは肝心です。また方言の強い方は発音もチェックが必要です。それから敬語は必要性を見極めて、生きた日本語を中心のレッスン内容が好ましいのです。

また日本語はボキャブラリーの豊富さから、生徒の話す母国語で翻訳できないケースが多々あります。正確に意味を理解させられない事はよくあるのです。そこで単語の意味に幅を持たせ、彼等に理解できる形で教える工夫が肝心です。いくつもの文例を挙げながら、単語の使い方を練習するといった工夫がポイントになるでしょう。それから文法重視で難解な授業を好む方が多いのですが、初級レベルの授業ではひらがなが読めれば、簡単な会話中心のレッスンで聞き取りと話し方に慣れさせる方が進歩が速いという事を理解しておきましょう。小難しい理屈ばかりの板書型授業は生徒にはとても退屈なものです。生徒のモチベーションを高める工夫もスキルのひとつです。つまり楽しいレッスンが上達の近道です。そのために日本文化や生活習慣、流行や娯楽についての情報をレッスンに織り交ぜてみましょう。そして生徒ひとりひとりの上達具合を見極め、生徒全員が満足して帰れる様に準備をして望む事も大事です。

日本語教師の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2015-2017 日本語教師求人マッチング【※転職情報が満載】 All Rights Reserved.