日本語教師になるには

日本語教師の転職TOP >> 日本語教師の転職の基礎 >> 日本語教師になるには

日本語教師になるには

日本語教師になるためには、主に3つの方法があります。まず1つ目が、大学の日本語教育コースで勉強をすることです。この場合、副専攻での学習についても採用の対象としている日本語学校もあります。ただし、大学などの日本語教師の募集条件のなかには、大学院の修士課程を修了していることを条件にしているところもあります。大学の日本語教育課程で先生として働きたいと思っているのであれば、社会人を対象としている大学院の日本語教育コースを受けることを検討しましょう。

日本語教師になるための2つ目の方法は、日本語教師の養成講座でいわゆる「420時間コース」を修了することです。このコースは、文化庁が制定した「日本語教師養成において必要とされる教育内容」というガイドラインに従って組み立てられた養成講座で、それぞれの日本語教師養成機関で提供されています。

具体的な内容はそれぞれの機関のコースによって異なりますが、大きく3つに分かれています。まずは日本語の言語としての成り立ちや歴史、表現や文法について系統立てて学習する理論、日本語教育の具体的なスキルやテクニックを学ぶ実技、そして自分で実際に日本語教育の授業を行う教育実習です。それらを合わせて420時間程度で修了するコースなので、420時間コースと呼ばれています。働きながら通うのであれば、1年から1年半程度で修了し、50万円から60万円程度の費用が相場となっています。

日本語教師になるための3つ目の方法は、日本語教育検定試験を受けて合格することです。この試験は毎年1回開催されていて、およそ5,000人程度が受験して、合格するのは1,000人程度、つまり合格率は20パーセント程度です。試験形式はマークシートで、一部の問題が記述式になっています。公式ホームページでは過去の問題と回答、解説を見ることができますので、どういった問題が出される傾向があるのか、目を通してみることをおすすめします。試験対策を独学で行うひとのための通信教育講座が用意されていますので、働きながら効率的に準備をすることができるようになっています。

これら3つの方法のうち、2つ以上をクリアしていれば、より有利に転職活動を進めていくことができます。特に、日本語教育検定試験では実際の授業スキルやテクニックについての評価を受けることはできませんので、420時間コースを修了している条件が付加されれば、それだけ日本語教師としてのバックグラウンドがあると評価してもらえるでしょう。

日本語教師の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2015-2017 日本語教師求人マッチング【※転職情報が満載】 All Rights Reserved.