日本語教師の採用先(働ける場所)

日本語教師の転職TOP >> 日本語教師の転職の基礎 >> 日本語教師の採用先(働ける場所)

日本語教師の採用先(働ける場所)

日本語教師の採用先にはさまざまなところがあります。というのも、日本語教師は日本語を学習する外国人を対象に働きますが、いまの日本ではいろいろなところで外国人が学んでいたり、働いていたりするからです。

日本語教師の働く場所の代表的なもののひとつが、日本語学校などの教育機関です。日本全国の大学では海外の学生のための日本語コースを設置していますし、大学院が設置されているところもあります。ただし、これらの教育機関で働くためには、大学院の日本語教育コースを修了していることが条件とされています。外国人向けの教育機関としては、民間の日本語学校も全国に数多くありますので、日本語教師が働く人気の場所のひとつになっています。

最近では民間企業で働く外国人の数が増えています。その流れを受けて、大企業を中心として、外国人のための日本語教育を取り入れるところが増加しています。これらの企業においては、単に日本語を教えるだけでなく、ビジネスの現場で通用する高度な日本語を教える必要があります。経験や実績豊かな日本語教師が活躍できる場所として、企業の日本語教育現場は現在注目されている分野です。

また、海外から日本にやってきて働くビジネスマンが増えることで、家族を連れて来日するケースが多くなってきました。そのため、小学校や中学校でも外国人を受け入れを行うようになり、そういった児童のための日本語クラスを開催するケースが多くなっています。このクラスでは、日本語を話せるようになるだけでなく、日本の文化やマナーも一緒に教えなければなりませんので、社会人経験の豊富な日本語教師が求められております。

このように、日本語教師の採用先には教育機関や民間企業など、いろいろなフィールドがあることがわかります。しかしそれだけではなく、プライベートレッスンで生計を立てている日本語教師も少なくありません。

このプライベートレッスンは、日本語学校に通っているけれども補修としてプライベートな授業を受けたいと希望する外国人や、駐在員の妻として日本に来たものの、うまく日本語が話せず、日中の比較的余裕のある時間を利用して日本語の上達をしたいと考えている女性などが多く利用しています。

日本語教師として働ける資格を持っていることで、自分の生き方や働き方に合ったかたちで仕事を探すことが可能になります。常勤として働くだけでなく、自分の時間を大切にしたければ、非常勤として働く方法も用意されています。

日本語教師の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2015-2017 日本語教師求人マッチング【※転職情報が満載】 All Rights Reserved.