30代向けの日本語教師の求人

日本語教師の転職TOP >> 条件別の日本語教師の求人 >> 30代向けの日本語教師の求人

30代向けの日本語教師の求人

30代向けの日本語教師の求人案件としては、いくつかおすすめのものがあります。ひとつは、大手の民間の日本語学校で日本語教師として働く方法です。民間の日本語学校には小規模なものや中規模なものもありますが、比較的広いエリアを対象として営業をしている大手の日本語学校の特徴としては、教育カリキュラムがきちんと整備されているということがあります。

30代でこれまで日本語教師として働いたキャリアのないひとの場合、個人経営の日本語学校では実際に授業を行うことができるように教育を行う余裕がないケースがありますが、大手の学校であればスタッフの数も多く、日本語教師をトレーニングするための部署が用意されているのが一般的です。そのため、30代の未経験者であった場合でも、転職活動をスムーズに行うことができる傾向にあります。

すでに日本語教師としてのキャリアのあるひとでしたら、個人経営規模の日本語学校なども含めて、比較的幅広く転職活動を行うことが可能です。日本語教師としてのキャリアはなく、一般企業での社会人経験のあるひとであれば、企業が設置している日本語コースで教えるという方法もあります。この場合は、日本語の文法や表現を教えるだけでなく、よりビジネスの現場に近い言い回しやシチュエーションでの会話スキル、ビジネスマナーなども伝えることが求められます。

いずれのケースにおいても、これから日本語教師として転職をしようと考えているのであれば、転職活動を行うにあたってトライしておきたいことがあります。

それは、日本語教師としてのベースを学んでおくということです。30代の社会人として、日本語教師になるためにパスしておきたい項目としては2つあります。ひとつが、「420時間コース」と言われる日本語教師のための講座を受講すること、そしてもうひとつが日本語教育検定試験を受験することです。

420時間コースでは、日本語の言語としての歴史や文法などの理論的な内容を学習し、日本語教育を実施するためのテクニックやノウハウも学びます。最終的には実際に日本語の授業を模擬開催したうえで終了となります。日本語教師の養成講座のある民間の専門学校などで開催されていますので、興味のあるひとは一度のぞいてみるといいでしょう。

日本語教育検定試験は、日本語教師として働く上で知っておかなければならない知識や授業の組み立て方などを確認するための試験です。基本的にはマークシート形式で、毎年1回開催されています。これらのいずれかをパスしておけば、転職活動をより有利に進めることができるようになります。

日本語教師の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2015-2017 日本語教師求人マッチング【※転職情報が満載】 All Rights Reserved.