40代向けの日本語教師の求人

日本語教師の転職TOP >> 条件別の日本語教師の求人 >> 40代向けの日本語教師の求人

40代向けの日本語教師の求人

40代で日本語教師として転職活動をする場合には、いくつかのケースがあります。以前日本語教師として働いていて、結婚を機に引退し、出産、子育てを終えたひとが子どもの手が離れた時期に再就職をする、ということもあるでしょう。あるいは、これまでは日本語教師とは関係のない仕事をしていたけれど、日本語教師になる夢を諦めきれず、40代で思い立って日本語教師を目指す、といったこともあるでしょう。

すでに日本語教師としてのキャリアのあるひとが新たに転職活動を行う場合、経験者優遇をうたっている求人案件を対象に転職活動を行うと比較的スムーズに進めることができます。採用する企業側としても、採用した人材に対して教育するための期間やコストをできる限りセーブして運営を行いたいという都合がありますので、お互いの希望がマッチングすれば効率的に転職活動を進めることができます。

40代で日本語教師としてのキャリアがない場合には、転職活動を行うにあたって準備しておくといいポイントがあります。もし大学や大学院で、日本語教育に関するコースを副専攻でも取得しているのであれば、未経験であってもメリットを享受することができるでしょう。日本語教師はやはり日本語の成り立ちや組み立て方について、学術的な知識があることがベースになりますので、学習経験者であることは有利に働きます。

そういったバックグラウンドがない場合には、民間の教育機関で開催されている日本語教師養成講座で基本的なコースを受講してみることをおすすめします。それぞれの機関で内容はさまざまありますが、もしひとつだけに絞って受けるのであれば、「420時間コース」と言われている養成講座がいいでしょう。理論的な面での学習を行いつつ、同時に日本語教師としてのテクニカルなノウハウを学ぶこともできます。講座の最終段階では、教師や生徒の前で自分なりの日本語授業を実施することで、自分の蓄積したスキルの確認をすることもできます。このコースを修了するまでの期間としては、働きながら通う場合1年から1年3ヶ月程度を見込んでおきましょう。

定期的に養成講座に通うことができない場合は、通信教育や参考書などを利用して日本語教師になるための勉強を行うことも可能です。その場合には、学習の総仕上げとして、日本語教育検定試験を受験しましょう。年に1回開催される検定試験で、これにパスしておくと転職活動を比較的スムーズに進めることができるようになります。

日本語教師の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2015-2017 日本語教師求人マッチング【※転職情報が満載】 All Rights Reserved.