50代向けの日本語教師の求人

日本語教師の転職TOP >> 条件別の日本語教師の求人 >> 50代向けの日本語教師の求人

50代向けの日本語教師の求人

すでに日本語教師としてのキャリアのある50代で、改めて日本語教師として働きたいという場合、働き方に幅が出てきます。もちろん、ベテランの日本語教師として民間の日本語学校で働くという選択もありますが、それ以外に管理側として働くという道もあります。

例えば、日本語学校のスタッフとして、新卒で入った日本語教師や転職組の日本語教師に対して、質の高い日本語教育を提供するために知っておきたいコツやノウハウ、スキルなどを指導するという働き方もあります。実際に授業を担当することで得られる喜びや楽しみもありますが、日本語教師を育てるという新しい役割でしか得られない達成感や充実感もあります。自分の教育した教師が外国人の生徒から高く評価されるということは、大きな喜びであることを感じることができるでしょう。

もちろん教師を育てる仕事だけではなく、日本語学校を今後どのように運営していくのかを決めていく立場として、組織の中心的なポジションでの活躍も期待されます。日本語教師というユニークな業界での実績のある先輩として、組織をより拡大していくために行うべき施策はどういったものがあるかなど、経営者的な視点から仕事をすることになります。これまでの教育活動とはまったく異なる領域ですので、新たな感動に巡り会えるでしょう。

ここまでは日本語教師としてのキャリアのある50代をターゲットに話をしてきました。それでは、50代で初めて日本語教師の転職を行う場合、知っておくべきことには何があるのでしょうか。

50代というと社会人のなかでも重要な仕事をする機会に恵まれる世代です。給与面でも相対的に恵まれた状況を享受することができる時期にあって、あえて新しいフィールドに挑戦するのは素晴らしいことです。日本語学校のなかには、熱意のある未経験者を積極的に採用しているところがありますが、なかには40歳までというように年齢制限を行っている場合もありますので、経験者に比べると相対的に転職活動は容易ではないと考えておきましょう。

そのうえで、転職活動を行う際に取得できる資格や技術は、できる限り取得するように努力をすることが大切です。例えば、420時間コースという日本語教師養成講座をきちんと受講しておくこと、日本語教育検定試験をパスしておくこと、余裕があれば社会人向けの大学院で日本語教育課程の修士号を獲得すること、などが挙げられます。これらのポイントをクリアしていると、転職活動をより積極的に行えるようになります。

日本語教師の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2015-2017 日本語教師求人マッチング【※転職情報が満載】 All Rights Reserved.