ブランク明け可の日本語教師の求人

日本語教師の転職TOP >> 条件別の日本語教師の求人 >> ブランク明け可の日本語教師の求人

ブランク明け可の日本語教師の求人

日本語学校のクラスを覗いてみますと、実に女性の教師が多くいる事に気が付きます。そこで日本語教師の男女比率をチェックしてみますと、非常勤講師の男女比は3:7と圧倒的に女性の教師が多い事が分かります。そして常勤講師・正社員の専任教師の男女比は5:5と大体同率になっていて、他の職業と比較してみても女性の比率が高いと言えるでしょう。これは日本語教師の職業が比較的に低収入で、非常勤の職場が多い事も関係しているでしょう。女性の場合には結婚や出産、それから育児や介護など長期休暇を必要とする期間があります。最近ではやっと男女の区別なく家庭の必要に貢献する傾向が出ていますが、それでも女性への負担が多いのが現状でしょう。そんな環境下で、日本語教師が長期休暇をせずに、そのまま退職するケースが多いとも言われています。そのために正規社員ではなく非常勤の雇用形態で働いて、必要に応じて仕事を辞めていく状態になっているのです。

そんな女性教師の方々が、ブランク明けで職場復帰をする事は難しいでしょうか?そういった質問が良くありますが、答えは非常勤としてであれば比較的に簡単だと言えます。非常勤の日本語教師を年代別にみますと、20代・30代の女性教師が圧倒的に多く見られます。年代が上がるにつれて男性教師の数も多くなりますが、日本語教育業界は基本的には女性社会といっても良いかもしれません。非常勤講師の場合は週に1回で1コマからでも就職が可能です。月に4時間のパート契約でも成立しますで、家事や育児・介護などで忙しい女性には適した職場だと言えます。もちろんブランク明けで職場復帰しても、以前と同じ条件・ポジションで働くこともできる点もメリットになっています。

これまでの日本語教育業界は低収入で、男性には不人気な業種でした。その為に女性教師の比率が高く、かつ高齢化が危惧されてきた職場でもありました。しかし現在では、日本国内に住む外国人が増えましたし、人手不足を海外の労働者で補てんする意向が打ち出されて、更に多くの外国人の移住が期待されています。また近年では日本企業が海外進出が進んでいて、日本語を必要とする外国人の需要も増えています。その点を考えますと、雇用条件に反映されていると言いきれませんが、安定性が増し始めている事は確かです。そういった意味で、男性でもブランク明けの女性でも、かつてなかったレベルの好条件でしっかりとした職場が得られる様になってきていると言えるでしょう。

日本語教師の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2015-2017 日本語教師求人マッチング【※転職情報が満載】 All Rights Reserved.