公務員の日本語教師の求人

日本語教師の転職TOP >> 条件別の日本語教師の求人 >> 公務員の日本語教師の求人

公務員の日本語教師の求人

日本語教師としての仕事をする公務員の求人には、大学や大学院で日本語を教えたり、公的機関で日本語を教えたりするものがあります。いずれにしても、公務として日本語のクラスを受け持ちますので、こういった求人案件においては、いくつかの条件が設定されています。

まず、大学や大学院の日本語教育過程の求人においては、大学院で日本語専攻をしていて、修士号を取得していることが前提となっているのが一般的です。日本語教師のなかには、大学の学部で日本語課程に在籍していたひとは少なくありませんが、大学院まで進んで勉強をしていたというひとはそれほど多くありません。大学院によっては、社会人を対象とした日本語教育コースがあるところもありますので、修士号を取得していないひとは、一度調べてみてはいかがでしょうか。

また、公的な機関で日本語教師として働くためには、すでに民間組織や大学などで日本語教師としての勤務実績があることが推奨されることがあります。日本語を教えるということは、言語を教えるということにとどまらず、その背景にある日本の文化や国民性なども伝えるということです。特に公的な機関での日本語教育には、海外のビジネスマンなども多く通うことが多いため、日本のビジネスマナーにある程度精通していることも求められます。実践的なビジネス現場における日本語会話やメールの書き方など、日本語教師として求められるスキルもさまざまです。

このように、公務員の日本語教師の求人においては相対的に高度な資格や経験が必要とされます。求人条件が厳しい分、得られるメリットももちろんあります。大学や大学院、公的な機関における日本語教師には、民間の日本語学校と同じように常勤と非常勤の2種類の働き方があります。非常勤の日本語教師であれば、組織の運営に関する事務仕事などを行う必要がなく、自分の授業のことに専念して仕事をすることができますので、パートタイムでの仕事を希望しているのであれば、非常勤の求人情報を探すといいでしょう。

一方、常勤の日本語教師として働く場合は、民間と同じように組織の運営に対して具体的にコミットしていくことが必要になります。そのため、定例会議などにも積極的に参加し、授業の準備やアフターフォローを行うだけでなく、さまざまな書類を作成したり資料を読んだりと、仕事の量も断然多くなります。給与面では好条件になりますが、非常勤に比べると自分の時間を持つ機会は相対的に少なくなります。

日本語教師の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2015-2017 日本語教師求人マッチング【※転職情報が満載】 All Rights Reserved.