経験者優遇の日本語教師の求人

日本語教師の転職TOP >> 条件別の日本語教師の求人 >> 経験者優遇の日本語教師の求人

経験者優遇の日本語教師の求人

民間の日本語学校などでは、海外から日本の大学などに留学している学生を対象にしているだけでなく、日本で仕事をしているビジネスマンやその家族など、日本に暮らしているさまざまな外国人が対象となります。そのため、学校によっては土日の休みを設定せずに授業を提供しているところが少なくありません。

日本語学校が休みに入るのは、生徒たちが長い休みを利用して母国に帰省する時期で、ゴールデンウィークや夏休み、年末年始などに限られます。それ以外については、平日や土日の区別なく、ニーズがある限りシフト制で勤務スケジュールが組まれますし、夜間授業も需要に応じて設定されます。

特に常勤の日本語教師となると、組織の運営に関わることになりますので、学校のカリキュラムやスケジュールへの柔軟な対応を求められることが比較的多くなります。非常勤であればシフトの組み方をフレキシブルにしてもらえる傾向にありますので、主婦で日本語教師として働いているひとは、たいてい非常勤での働き方を選びます。

それでは、土日休みの日本語教師の求人はあるのでしょうか。答えはもちろんイエスです。土日休みの日本語教師の代表的な例としては、大学や大学院などの公的機関の日本語教師、そして民間企業の日本語教師があります。

前者は大学で働く公務員としての採用になりますので、大学の講義スケジュールに従ってシフトが組まれるようになります。一般的に大学や大学院は土日の講義は行われませんので、こういった組織で働く日本語教師は土日休みとなります。もちろん、授業の準備やアフターフォローのために土日を利用して自宅で作業を行うこともありますが、そういった業務は勤務にはカウントされませんので注意が必要です。

また、民間企業で働く場合も同様に企業の勤務スケジュールに従います。企業の日本語教師はその企業の社員を対象として日本語の授業を行いますので、当然土日が休みになるのがほとんどです。特に、こういった企業での日本語教師の仕事は、教室の運営に対しての責任を課せられることもありませんので、授業だけに専念して勤務をすることができるといった特徴があります。

先にも書きましたが、土日休みの求人であったとしても、月曜日の準備を日曜日に自宅で行ったり、金曜日に行ったテストの採点を土曜日に自宅で行ったりと、土日にまったく業務をする必要がなくなる訳ではない場合もありますので、注意が必要です。

日本語教師の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2015-2017 日本語教師求人マッチング【※転職情報が満載】 All Rights Reserved.