高収入の日本語教師の求人

日本語教師の転職TOP >> 条件別の日本語教師の求人 >> 高収入の日本語教師の求人

高収入の日本語教師の求人

高収入の日本語教師の職場はどういったところになるでしょう。それを考える前に、まず日本語教師の給料や年収の平均値をチェックしてみますと、収入面であまり好待遇の職場が見つからないのが現状だと言えるかもしれません。例えば2015年度のデータを参考にしますと、日本語学校の専任講師で月収平均22万円、ボーナスの平均が2ヵ月分で、トータルの年収ベースは300万円前後となります。これはあくまでもフルタイムの専任講師のケースで、多くの方が非常勤講師として就業をしている事もあり、1500〜2000円あたりの時給ベースで収入を得ているのが大体の相場になっています。この様に日本語教師の収入自体が高くはなっていませんので、もし高収入を得たいのであれば職場選びがポイントになってくるでしょう。

そこでひとつの選択肢として、アジア圏の有名大学などの日本語講師を目指すのはいかがでしょうか?中には年収が2万ドル以上、立派な住宅が無料で、しかも光熱費支給といった好待遇が期待できます。もちろん現地の物価自体が安いので、食費や趣味程度の生活費もそれ程かさむことがありません。日本で経験できない豊かな生活が可能になるかもしれません。また日本語教師だけでなく、翻訳・通訳としてのニーズも高いために、かなり高収入を受けやすい傾向にあります。求人条件では日本語教育能力検定合格や大学卒業などが求められますが、該当者で海外生活を望む方には良い職場だと言えるでしょう。

あるいは常勤・専任勤務と並行して、非常勤の職場を捉える事も有効です。実は日本語教師の求人のほとんどがパート・アルバイトの非常勤になっています。勤務時間は週に1回、60〜90分から採用されますし、基本時給が2000円前後という事もあって、しっかりと稼ぎたい方には有利な条件になっています。もちろんご自分が稼ぎたい金額に合わせて、複数の学校を掛けもってレッスン数を増やす事もできます。この点は他のアルバイトと違って融通の利くところです。多くの学校が夜間レッスンを行っていますので、日中の常勤の後に必要に応じてレッスンを制限できるのは大きなメリットと言えるでしょう。この様に努力を要する方法が考えられますが、日本語教師は他の教師職よりも成功を収めやすい職業です。ストレスも少なく、責任も重くありません。そして生徒に貢献したいという気持ち次第でレッスンの質が向上できます。テクニックよりは、ひとりひとりを丁寧に教える姿勢で評価が上がる事を知っておいてください。

日本語教師の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2015-2017 日本語教師求人マッチング【※転職情報が満載】 All Rights Reserved.