未経験okの日本語教師の求人

日本語教師の転職TOP >> 条件別の日本語教師の求人 >> 未経験okの日本語教師の求人

未経験okの日本語教師の求人

日本語教師はこれという決まった教え方のメソッドがありません。これまでにどういった職場で日本語を教えてきたのか、教えていたのは学生なのかあるいはビジネスマンなのかなど、さまざまな経験や知識、スキルの量によって教師としての性向や適性を判断することが容易になりますので、経験者を優遇して採用するという求人案件は当然ながら多くなります。

特に、大学や大学院の日本語コースで日本語を教える教師の場合、経験者が優遇されます。こういった公的な機関においては授業の品質が高いこと、正統なメソッドで正しい日本語を教えることが特に求められますので、採用条件として日本語コースの修士号を持っていることに加えて、日本語教師としてのこれまでの実績が豊富であることが必要とされます。

採用されるまでのハードルは高くなりますが、労働環境としても好条件なほうですし、日本語教師としてこの先働いていくにあたっては、有利なキャリアにもなりますので、日本語教師のなかでは人気のフィールドのひとつです。経験重視となると駆け出しの日本語教師には難しい話にはなりますが、目標にして頑張るといいでしょう。

経験者優遇の日本語教師としては、ほかにも大企業の日本語教師があげられます。大企業には世界中からたくさんの外国人が社員として日本を訪れます。企業では日本人社員との円滑なコミュニケーションを行うために、日本語を使ったビジネススキルを高めるために日本語教室を開催し、言葉だけでなく日本のビジネスマナーも伝える必要があります。

そのため、こういった求人案件においては、もちろん日本語教師としてのスキルが求められるだけでなく、社会人として実際に勤務した経験があることが有利に働きます。つまり、一般企業に勤めた経験があり、その後日本語教師に転職して数々の実績を積んできたひとが特に求められているのです。

大企業においては、自社の外国人社員だけでなく、社員の家族なども含めた日本語クラスを提供しているケースもあります。家族ぐるみで日本語を教えたり、日本の文化を伝えたりする役割を果たすことになりますので、日本語教師の活躍できるフィールドとなっております。

このように、日本語教師としての経験が豊富であればあるほど、より責任の大きな、働きがいのある求人案件に応募することができるようにもなります。社会人経験がきちんと評価される土壌がありますので、さまざまなひとに門戸が開かれている業界です。

日本語教師の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2015-2017 日本語教師求人マッチング【※転職情報が満載】 All Rights Reserved.