激務でない日本語教師の求人

日本語教師の転職TOP >> 条件別の日本語教師の求人 >> 激務でない日本語教師の求人

激務でない日本語教師の求人

日本語教師のイメージとしては、とにかく激務だということが真っ先に挙げられます。これには明確な理由があり、日本語教師が1つのクラスを実施するにあたっては、授業前と授業後にまとまった時間が必要となることに起因します。

クラスを実施する前には、学期ごとのカリキュラムに従って、具体的にどういった内容をレクチャーし、そのことによってどのような成果を達成するのかなどを記した教案を作成しなければなりません。もちろん、授業で使用する資料も教師の手作りですので、そういった資料を作成したり、あるいは授業で実施するテストの問題作成などもしなければなりません。そのため、1つの日本語クラスを担当する前には平均して3時間程度の時間がかかります。

また、授業が終わったあとには、行うべきことがいくつかあります。まずは授業前に作成した教案に対して、どの程度達成することができたかを、項目ごとに詳細に記録します。授業でテストを実施した際には、テスト答案の採点と、各生徒宛のコメントやフィードバックを添えるための時間が必要になります。そのクラスを別の日本語教師が教えるのであれば、内容の引き継ぎも行わなければなりません。授業後のアフターフォローについては、だいたい2時間程度が必要になります。

このように、日本語教師は激務であると言われるのは、質の高い授業を提供するため行わなければならないことがさまざまあるからです。激務ではない日本語教師の仕事を探すにあたっては、自分の行う授業以外のことについて時間を費やす必要のない環境を探すことが大切です。

その一つの方法は、非常勤として働くという選択です。非常勤の日本語教師であれば自分の担当する授業についての準備やフォローを行うだけですみます。それ以外の事務や雑務を行わなければならない常勤の教師に比べると、自分のペースで仕事をしやすい環境と言えるでしょう。

別の道としては、民間企業の日本語教師として働くという方法があります。民間企業の日本語教室のカリキュラムや事務仕事については専門のスタッフが行ってくれていますので、日本語教師は自分の担当するクラスに関する準備やアフターケアに専念できる環境が整っています。

日本語教師として働くことを希望しているひとのなかには、日中の限られた時間を有効活用することを目的としているひとが少なくありません。そのため、非常勤という働き方を条件として転職活動をするひとも多く、日本語学校側としてもフレキシブルに対応できるような採用体制をとっています。

日本語教師の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2015-2017 日本語教師求人マッチング【※転職情報が満載】 All Rights Reserved.