在宅勤務の日本語教師の求人

日本語教師の転職TOP >> 条件別の日本語教師の求人 >> 在宅勤務の日本語教師の求人

在宅勤務の日本語教師の求人

もし家庭の事情などで自宅を頻繁に離れる事が出来ない主婦や、地方で近隣に妥当な日本語学校が無い方の日本語教師資格者の方は、スカイプなどインターネットの通信手段を使った日本語学校や日本語会話スクールで教える事ができます。これは最近、大手英会話スクールが積極的に行っているシステムで、日本語学校や会話スクールでも海外の方向けに、留学なして日本語が学べるシステムとして採用し始めています。

これは基本的にマンツーマンの個人レッスンがメインとなり、教える側も教わる側もメリットの高いレッスンが可能になります。まず、どちらも自宅で行う事ができます。外国人の方にとっては高い留学費用が省けますし、地元で働きながら、空いている時間で勉強ができるのは便利でしょう。また教師にとっても同様の利便性が出てきます。そして相手の上達具合に合わせたプレミアムなレッスンが可能ですから、自分への評価も満足度もアップする事でしょう。

ただし、在宅勤務の求人はそれ程多くはないので、取り敢えず就職希望の登録だけでもしておくと良いでしょう。これは家庭教師派遣システムと同じ形で募集を行っています。ですから、ちょっと順番待ちをするくらいの気持ちで複数の会社に登録を掛けてください。それから基本的に時給仕事になります。単価は一般の日本語教師よりは若干低めになりますが、受けるメリットを考えれば見劣りはしないはずです。そしてこの業種は、今後拡大する可能性が高い事も確かです。日本は人材不足を海外の労働者で補う方針を立てています。つまりより多くの方に日本で働くチャンス、あるいは日本関連の職を掴めるビジネスチャンスが生まれる事になります。となりますと、日本語を学んで、そのチャンスを求める方が激増するでしょう。

このような将来性を考えれば、今から着手しておくのは得策かもしれません。求人枠が増えれば、先の主婦や地方の働き口がない方、あるいは非常勤やアルバイトの日本語教師の方の副業のチャンスになる事でしょう。また資格を持たない在宅ワーカーの方にとっても一つの選択肢になり得ます。要するに、今後有力な在宅ワークとして注目される可能性があるのです。もちろん生徒によっては英語を話せない方もいるでしょう。そこで、英語以外にもう一つ外国語を修得しておくのも有効です。特に東南アジア圏の人材が日本への労働者として期待されていますので、そのうちからひとつの言語を選んで学んみる様におすすめします。

日本語教師の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2015-2017 日本語教師求人マッチング【※転職情報が満載】 All Rights Reserved.