土日休みの日本語教師の求人

日本語教師の転職TOP >> 条件別の日本語教師の求人 >> 土日休みの日本語教師の求人

土日休みの日本語教師の求人

日本語教師には常勤と非常勤という二種類の働き方がありますが、残業が少ないのは当然ながら非常勤の日本語教師です。常勤の日本語教師の場合には、特に民間の日本語学校では、学校自体の運営に関しての業務や海外から生徒を迎え入れるために必要な手続きを行ったり、寮の運営をしているところは寮の清掃や経営まで行ったりと、まさに目の回るような忙しさです。

特に、働いている外国人も対象にしている日本語学校では夜間授業を行う必要がありますので、家に帰れるのが遅い時間になってしまうことも珍しくありません。授業が終わってすぐ帰れる訳でもなく、当然ながら常勤の日本語教師として働いていると、どうしても残業時間が増えていってしまいます。

その点、自分の授業を行うことだけに集中することのできる非常勤であれば、常勤のように残業に悩まされるといった心配をすることもそれほどありません。ただし、非常勤の日本語教師として働いているひとのなかには、複数の日本語学校を掛け持ちしているケースがあり、このような場合にはトータルとして勤務時間が長くなってしまうといったことはあります。

残業の少ない日本語教師の求人としてほかにおすすめなのは、一般企業が行っている日本語コースの教師として働くことです。これは海外から迎え入れた従業員のために、福利厚生の一環として企業が実施しているもので、運営は企業が行っているため、教師側は決められた時間に訪問して授業を行うだけです。主婦で空いた時間を有効利用して日本語を教えているといったひとにとても人気のある求人です。

このように、上手に求人案件を探していくことで、残業の少ない日本語教師の仕事をすることは可能です。しかし気をつけておきたいのは、日本語教師の仕事には慣習として残業としてカウントされない業務があるということです。それは、授業で使用する資料を自宅で作成したり、実施したテストを自宅で採点したりするのにかかる業務です。

日本語の授業を開催するためには、前回までの学習内容をきちんと把握したうえで、それぞれの生徒の習熟度合いを加味しながら、無理なく効果的に生徒が日本語を学ぶことができる内容を作り上げなければなりません。そうなると、どうしても手間をかけて準備をしなければなりませんし、授業後のフォローも適切に行う必要がでてきます。そのためか、日本語教師として働いているひとは、熱意にあふれたひとが多い傾向にあります。

日本語教師の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2015-2017 日本語教師求人マッチング【※転職情報が満載】 All Rights Reserved.