インターナショナルスクールの日本語教師の求人

日本語教師の転職TOP >> 職場別の日本語教師の求人 >> インターナショナルスクールの日本語教師の求人

インターナショナルスクールの日本語教師の求人

日本に数あるインターナショナルスクールでも日本語教師の求人案件があります。駐在員の子どものなかには、日本の小学校や中学校、高校に通う子どももいるため、日本の学校側でも日本語教師を採用していますが、インターナショナルスクールにおいても、同じ日本で生活している以上日本語を教えるニーズがあるためです。

インターナショナルスクールで日本語教師になるためには、まず小学校あるいは中学校など、働く先の条件に合わせた教員免許が必要です。海外の学校と言っても同じ教育機関ですので、当然ではありますが、なかには知らずに応募をしてしまうひともいるようです。

大学時代に教員免許を取得していなかったひとでしたら、社会人向けの講座を受講し、教育実習を行ったうえで、免許を取得することになります。それにはある程度の期間が必要となりますので、日本語教師への転職の際にはきちんと計画を立てておきましょう。

また、多くのインターナショナルスクールでは英語でコミュニケーションをとっています。そのため、英語によるコミュニケーションスキルも採用にあたって大きく影響します。このように、インターナショナルスクールで日本語教師として働くためには、教員免許と英語力という新たな条件が加わることを覚えておきましょう。

インターナショナルスクールで日本語を教えるのは、大勢の海外の児童を対象に授業を行うことです。どこの国でも同じことですが、児童を対象にしてものを教えるというのは、教える側にテクニックが要求されます。大人に話すように順序立てて説明しようとしても、気分が乗らない場合などにはその説明を聞いてもらえないことがありますし、大人と比較して絶対的に集中力の持続時間が短いという特徴があります。

そのため、インターナショナルスクールで日本語の授業を行う際には、歌やゲームなど楽しい要素を積極的に取り入れた教案を作ることをおすすめします。こういった遊戯性の高いイベントがあることで子どもたちの途切れがちだった集中力を再びつなぎとめることができますし、何よりも日本語自体に興味を抱くきっかけを作ることが可能です。

勤務形態としては非常勤が一般的で、学校のスケジュールに合わせて土日などが休みとなります。ただし、イベントなどで休日出勤になることもありますので、そのあたりは柔軟に対応できるようにしておきましょう。勤務年数によっては常勤として働くことができるようにもなります。

日本語教師の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2015-2017 日本語教師求人マッチング【※転職情報が満載】 All Rights Reserved.