日本語学校(国内)の日本語教師の求人

日本語教師の転職TOP >> 職場別の日本語教師の求人 >> 日本語学校(国内)の日本語教師の求人

日本語学校(国内)の日本語教師の求人

国内での日本語学校の求人案件は数も多く、経験者から未経験者まで、幅広く採用活動が行われています。日本語学校は最近では日本国内に幅広く展開されていますので、身近なところで職場を探すことができるメリットもあります。

まず、国内の日本語学校で日本語教師として働くには、常勤なのか非常勤なのかを選ぶことになります。日本国内の日本語学校で働いている日本語教師のうち、7割以上が非常勤として働いているというデータがありますが、これには、非常勤という働き方をあえて選ぶ傾向もあるようです。

というのも、日本語教師として働いているひとのなかでは女性が圧倒的に多く、9割ほどが女性と言われています。そのうち結婚しているひとが半数以上いるため、日本語教師という職全体で見ても、結婚をしたうえで日本語教師として働いている女性が数多くいるということになります。夫婦共働きとは言え、家事も担当している女性も多い状況があり、時間的に拘束されることの少ない非常勤としての働き方を選ぶケースが多くなります。

一方、常勤の日本語教師として働くことのメリットは、日本語学校の運営自体に関わることができるようになることです。カリキュラム全体の方向性を議論したり、より効率的で質の高い日本語教育サービスの提供のための全体的な改革を推進したり、活躍するフィールドが大きく広がるのが、常勤の日本語教師の特徴と言えます。

国内の日本語学校の求人案件のうち、未経験者を対象としたものについては、場合によっては年齢制限が明記されていることもあります。これは幹部社員候補の育成を視野に設定されているものですが、熱意や資格の取得状況に応じて柔軟に対応してくれることもあります。

未経験者の転職であれば、民間の資格取得学校などで日本語教師育成講座に通ったり、通信教育で勉強を行ったり、努力を重ねることが大切です。もちろん日本語の文法を熟知していることは必須ですが、日本語がどのようにして成立してきたのか、歴史的な面での理解も必要です。

多くの日本語学校が推奨しているスキルや経験としては、大学や大学院において日本語教育のコースを修了していること、日本語教師養成機関で420時間コースを受講、修了していること、そして日本語教育検定試験を受験し、合格していること、が3つのポイントになっています。

最初のポイントは社会人には難しいこともあるかもしれませんが、残りの2つについてはやる気さえあれば実現可能です。日本語教師は熱意と意欲が必要な仕事ですので、転職にあたって自分のできる限りのことを実践しましょう。

日本語教師の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2015-2017 日本語教師求人マッチング【※転職情報が満載】 All Rights Reserved.