大学の日本語教師の求人

日本語教師の転職TOP >> 職場別の日本語教師の求人 >> 大学の日本語教師の求人

大学の日本語教師の求人

大学では日本人の学生のほかに、海外から留学して学んでいる外国人の学生がいます。そのため、各大学ではそういった海外からの学生のための日本語教育コースを設定しています。日本語教師の活躍フィールドとしては、民間の日本語学校だけではなく、大学で日本語教師として働くという道もあります。

大学の日本語教師の求人案件で共通しているのは、採用資格として大学あるいは大学院において日本語教育を主専攻か副専攻で学んだことが条件となっていることです。それに加えて、日本語教育能力検定試験にパスしていること、あるいは420時間コースを受講したことも条件になっているところもあります。

すでに社会人として働いていて、日本語教育について大学などで勉強していない場合は、社会人向けの大学コース、大学院コースで日本語教育について勉強をしなければなりません。ここが大学で日本語教師として働くにあたっての障壁となり得るところで、働きながら大学、大学院に通うのは相当の強い意志が必要とされます。

これまでに日本語教師としての実績があるひとであっても、上記の条件を満たしてないと求人案件に応募をすることができませんので、注意が必要です。

大学の日本語教師として働くことのメリットは、ある大学でのキャリアがあることで、引越しなどでほかの自治体に移動した場合でも、他の大学でも日本語教師として優先的に採用してもらえる可能性が高まることです。また、大学で日本語教師として働いていたということは、かつて日本語教育を学んだことの証にもなりますので、日本語教育についての研鑽をより積んだこととして評価されるということでもあります。

採用されるための条件が高いということの見返りとして、一度採用されるとその後の転職活動などを比較的スムーズに行うことができるようになる、ということが挙げられます。勤務形態としては非常勤としての採用が一般的ですが、午前のシフトと午後のシフトに分かれてスケジューリングが行われます。大学での仕事となりますので、土日や祝日などが休みであるのが一般的で、その点が民間の日本語学校とは異なります。土日も営業を行っているところが珍しくない民間の日本語学校とは異なる点です。

同じ日本語教師であってもキャリアを活かして働いていきたいと考えているひとや、土日などにきちんと休めるシフトで働きたいと思っているひとにとっては最適なフィールドが大学で日本語教師として働くこと、と言えるでしょう。

日本語教師の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2015-2017 日本語教師求人マッチング【※転職情報が満載】 All Rights Reserved.